So-net無料ブログ作成
検索選択
本(か行の作家) ブログトップ
前の3件 | -

今野敏/朱夏 警視庁強行犯係・樋口顕 [本(か行の作家)]


朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

  • 作者: 今野 敏
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/09/28
  • メディア: 文庫


夫婦の愛、家族の愛が一つのテーマだ。
結婚式に出席した際、花婿ではなく花嫁の父親の心情の方が、
気になるようになったのはいつの頃からか。
この物語でも、暴走する若者が出てくるが、
完全に気持ちはそれを遠いものとして見る側の方にある。
こうしてバトンを渡していくのだな。
それは寂しくもあれば、誇らしくもある。
そして40歳を過ぎた今だからこそやれること、
やるべきこともある。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今野敏/リオ 警視庁強行犯係・樋口顕 [本(か行の作家)]


リオ―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

  • 作者: 今野 敏
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/06/28
  • メディア: 文庫


本格警察小説、今野敏はキャラクター設定が巧みだと思う。
常に他人の顔色を窺い、和を以って貴しとする樋口顕は、
自身への弱気な評価とは裏腹、実は上長や同僚からも評価されている。
刑事らしくない刑事として、
犯人像や動機に独自の見解を示すし、成果もあげる。
今回の容疑者は真面目一徹の樋口が、
心かき乱されるほどの美少女の女子高生。
全共闘と新人類に挟まれた男の世代論も面白い。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

桐野夏生/水の眠り灰の夢 [本(か行の作家)]


水の眠り 灰の夢 (文春文庫)

水の眠り 灰の夢 (文春文庫)

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/04/08
  • メディア: 文庫


自身が父親になってから時々、
自分の歳の頃、親父は何をしていたろうかと考える。
すっかり年老いた父も、今の僕がそうであるように、
当時は働き盛り男盛りだったろう。
仕事は、親しい人は、母とは、世の中はどうだったのだろう。
そしてそこにはまだ幼い子ども、そう僕が居る。
父は僕をどう思いどう感じていたのだろう。
村野ミロの父・村野善三の物語。
当然、そこには幼きミロの姿もある。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の3件 | - 本(か行の作家) ブログトップ