So-net無料ブログ作成
本(か行の作家) ブログトップ
前の3件 | 次の3件

鯨統一郎/ベルサイユの秘密 [本(か行の作家)]


女子大生桜川東子の推理 ベルサイユの秘密

女子大生桜川東子の推理 ベルサイユの秘密

  • 作者: 鯨 統一郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/08/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


大人の男であれば、行きつけのバーを持っていたい。
四十を過ぎてもそんな粋な習慣がない。
強いて言えば、鯨統一郎が描く<森へ抜ける道>が唯一の行きつけだ。
マスターと常連全員が厄年のヤクドシトリオ、
魅力的なアルバイトのいるかちゃん、
大学でメルヘンを学ぶ東子お嬢様。
今回は二人の刑事も加わり、
酒の蘊蓄や昭和の懐かしい話題、難事件も解決しちゃう。
居心地が良くつい長居する。


川村元気/世界から猫が消えたなら [本(か行の作家)]


世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

  • 作者: 川村 元気
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2012/10/25
  • メディア: 単行本


ヒットメーカーというと二の足を踏んでしまう。
よく名前を聞き、所々で見かけても、慎重に避けてきた。
けれど新海誠の変態性をあれほど見事に昇華させるとは。
「電車男」も「モテキ」もそうだっていうじゃないか。
同姓同名の作家とプロデューサーなのかとも思ったけれど、
正真正銘の同一人物らしい。
ということで、満を持して手に取る。
うーん、計算つくされているとしても、騙されたい。


見城徹/たった一人の熱狂 [本(か行の作家)]


たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 見城 徹
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/04/12
  • メディア: 文庫


今この瞬間が死から最も遠い。
今日という日は、かつて亡くなった人が生きたいと願った明日だ。
死んでしまえば、すべてはゼロなる。
その虚しさを紛らわせるために、熱狂し圧倒的な努力をするのだ。
誰もが見城徹のようには生きられない。
けれどこの瞬間も生が非可逆的に死へと向かっている事実を、
知っているべきだと思う。
それでもお前はそれを選ぶのかと、自問自答する刹那が必要なのだ。


前の3件 | 次の3件 本(か行の作家) ブログトップ