So-net無料ブログ作成
検索選択
本(た行の作家) ブログトップ
前の3件 | -

辻村深月/ぼくのメジャースプーン [本(た行の作家)]


ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/04/15
  • メディア: 文庫


まるで哲学書のような小説だ。
傷つけられた幼馴染の女の子のため、
ある種の超能力を持った男の子は犯人に復讐することを決める。
相手の警戒をかいくぐり、いかに相手をやっつけるか、
そのカタルシスが物語の中心となる。
大人たちの助けや仲間との交流もサブストーリーに加えながら。
この物語は違う。
どうするのが正しいのか、どういった行いが適切なのか、
ずっと考え続ける。問い続ける。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

津原泰水/爛漫たる爛漫 [本(た行の作家)]


爛漫たる爛漫―クロニクル・アラウンド・ザ・クロック (新潮文庫)

爛漫たる爛漫―クロニクル・アラウンド・ザ・クロック (新潮文庫)

  • 作者: 津原 泰水
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/11/01
  • メディア: 文庫


運動部で練習に明け暮れていた頃、文化部が羨ましかった。
部によっては運動部顔負けのハードな体力トレーニングをこなし、
技能もチームワークも問われるも、勝ち負けをはっきり分けないところに。
様々な良さがあり、素晴らしさがある。
中でも格段に輝いていたのが軽音部だった。
音楽する人は格好良く、センスいい。
でも才能世界は難しくもあるのだ。
人気ロックバンドが躍動する音楽小説。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

堂場瞬一/雪虫 [本(た行の作家)]


雪虫 (中公文庫)

雪虫 (中公文庫)

  • 作者: 堂場 瞬一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 文庫


親子って難しい。
特に男同士は、なんとも言えない緊張感がある。
越えるべき壁であり、いつか自身が達する限界でもある。
高くあって欲しいけれど無条件に認められもしない。
男と女って難しい。
誠実に向き合おうと思えばこそ、寄り添えないこともある。
もっと軽やかに、考え無しで振る舞えればいいんだけど。
それなのにふと傷つけてしまったりする。
刑事だって親もいれば、恋人もいるのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の3件 | - 本(た行の作家) ブログトップ