So-net無料ブログ作成
検索選択
本(た行の作家) ブログトップ
前の3件 | -

辻堂ゆめ/コーイチは、高く飛んだ [本(た行の作家)]


コーイチは、高く飛んだ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

コーイチは、高く飛んだ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 辻堂 ゆめ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 文庫


なぜスポーツをするのか。
それは結局のところ、自分の信じるもののためなのかもしれない。
自分の信じるものって、いったい何?
それは自分でも上手く言えないのだけれど。
イメージだったり、概念だったり、想いだったり。
曖昧だけれどクリアなものを、誰しも持っているんじゃないかな。
体力が奪われ気力を振り絞ったその先に見えるのは、きっとそれなんだ。
そのためにスポーツをするんだ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

堂場瞬一/破弾 刑事・鳴沢了 [本(た行の作家)]


破弾 (中公文庫)

破弾 (中公文庫)

  • 作者: 堂場 瞬一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 文庫


当然のことながら刑事も人の子、
機嫌が悪い時もあれば、精神的に不安定な時もある。
でも、この二人はいつだって喧嘩腰で一発即発だ。
警察内で孤立し摩擦を起こすだけでなく、
時には聞き込み相手にだって向かっていく。
結果を出すことだけが自らの存在を証明するとばかり、
二人は真相へと近づいていく。
真相はまた二人を互いに近づけ、危険にも近づけていく。
刑事・鳴沢了シリーズ第2弾。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

津原泰水/ブラバン [本(た行の作家)]


ブラバン (新潮文庫)

ブラバン (新潮文庫)

  • 作者: 津原 泰水
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: 文庫


祭りの後の静けさ、寂しさ。
僕の人生、もう祭りの季節は終わってしまったのだろうか。
冬の寒さの中、あとはじっと耐え忍ぶだけなのだろうか。
まだ祭りは終わっていないと張り切るべきか、
日常にだって喜びはあると細やかに生きるべきか。
40代はそういうことを考え、感慨に浮き沈むする世代かもしれない。
高校の吹奏楽部メンバーが、
あるメンバーの結婚式のために、再結成を目指す物語。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の3件 | - 本(た行の作家) ブログトップ