So-net無料ブログ作成
検索選択
本(は行の作家) ブログトップ
前の3件 | -

早見和真/ひゃくはち [本(は行の作家)]


ひゃくはち

ひゃくはち

  • 作者: 早見 和真
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/06/26
  • メディア: 単行本


甲子園はとてつもなく大きい。
社会人になりたての頃、観戦に行った。
高校野球をやっていない僕ですら、焼け付くような日差しや、
揺れるようなブラスバンドに心打たれた。
高校球児にとって、その大きさは計り知れないだろう。
誰もがプレイしたいと夢見る聖地だ。
すべてを賭け、すべてを投げ打たなければ、
踏むことを許されない場所かもしれない。
それでも人生は甲子園よりもさらに大きい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

藤沢周平/花のあと [本(は行の作家)]


花のあと (文春文庫)

花のあと (文春文庫)

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1989/03
  • メディア: 文庫


江戸時代の当時、人々の暮らしは決して楽ではなく、
想像する以上に日常の隅々まで細々と不便不快はあったろうに、
ゆったり欲望に素直に生きている感じがする。
それに比べると、当時の人たちが知らない場所や物を知り、
情報は瞬時に駆け巡り、どこにでもすぐに行けるようになった。
ありとあらゆるものが快適便利になった。
にもかかわらず、現代はずいぶんと窮屈な世界のように感じられる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本城雅人/紙の城 [本(は行の作家)]


紙の城

紙の城

  • 作者: 本城 雅人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: 単行本


かつて映画が唯一の娯楽だった時代があるという。
映画はテレビにとって代わられ、
テレビも今やインターネットに主役の座を奪われようとしている。
本や雑誌、新聞も同じように存在感を失いつつある。
IT新興企業がメジャー新聞社を買収しようとする物語だ。
その牙城は揺らぐのか、底力を隠し持っているのか。
矜持、仕事にはやっぱり必要なんだと思う。
それがなくっちゃ高みは目指せない。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の3件 | - 本(は行の作家) ブログトップ