So-net無料ブログ作成
検索選択
マンガ(か行の漫画家) ブログトップ
前の3件 | -

河合克敏/とめはねっ!鈴里高校書道部(14) [マンガ(か行の漫画家)]


とめはねっ!鈴里高校書道部 14 (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ!鈴里高校書道部 14 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 河合 克敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: コミック


青春モノはなぜこんなに切なく、心揺さぶるのか。
中年のまっすぐな想いや頑張る姿、
何かを成し遂げることにだって、
もっと世の中は目を向けたっていい。
安易に感動した自身を恥じながら、そう憤った。
青春の特徴は、明確な終わりがあることかもしれない。
だとすれば我ら中年だって、
区切りの終わりを持てばいいじゃないか。


河合克敏/とめはねっ!鈴里高校書道部(13) [マンガ(か行の漫画家)]


とめはねっ!鈴里高校書道部 13 (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ!鈴里高校書道部 13 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 河合 克敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/12/26
  • メディア: コミック


登場人物の様々な視点があり、それぞれの指向や興味がある。
だから一つの事柄も深みがあり、視野が広がる気がする。
それはそのまま、学生時代の日々につながる。
いろんな仲間がいて、各人が思うことに取り組み、
時にはやりたくないこと苦手なことも課され、
一緒くたに同じ教室に詰め込まれる。
それはしんどくも新鮮でもあり、
刺激と出会いの驚愕な日々だった気がする。

それに比べると、今は自分の興味のあることしかやらない。
気の合う仲間を選別し付き合う。
自分という狭い檻に捕らわれ過ぎているのかもしれない。
いよいよ次巻、最終巻。


河合克敏/とめはねっ!鈴里高校書道部(12) [マンガ(か行の漫画家)]


とめはねっ!鈴里高校書道部 12 (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ!鈴里高校書道部 12 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 河合 克敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/12/27
  • メディア: コミック


『エースをねらえ!』の後だと、ほっとする。
あまりに激しい青春、過酷な運命、慟哭の人生。
それに比べ、秋空のように穏やかな高校生活である。
岡ひろみは苦しみに苦しみ、
インターハイチャンピオンの座をつかむのだけれど、
この漫画には、あっけらかんと爽快な、
柔道インハイ・チャンピオンも登場する。
考えてみれば浅倉南も、
新体操のインハイ・チャンピオンなのだ。
時は巡り、今は熱血ははやらないのだ。

鎌倉での夏合宿。
恋の予感と逡巡、海の眩しさと山の静寂。
一見異なって見えるその青春は、
本当はそれほど違わないのかもしれない。


前の3件 | - マンガ(か行の漫画家) ブログトップ