So-net無料ブログ作成
検索選択
マンガ(た行の漫画家) ブログトップ
前の3件 | -

手塚治虫/ブラック・ジャック(22) [マンガ(た行の漫画家)]


ブラック・ジャック(22) <完> (手塚治虫漫画全集)

ブラック・ジャック(22) <完> (手塚治虫漫画全集)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/05/14
  • メディア: コミック


最高の医療を施す代わりに、高いお金をふんだくる。
命を人質にあり得ない高額請求、すべては金次第。
ブラック・ジャックといえば、そうしたポリシーと思われがちだが、
意外に実質的にはお金を取らない場合も多い。
優しさや命の大切さというより、彼の中の哲学のようなもので、それは決められる。
自分の流儀を持っている人は格好いい、ただしその人生はしんどい。
その間で今日も生きよう。


手塚治虫/ブラックジャック(21) [マンガ(た行の漫画家)]


ブラック・ジャック(21) (手塚治虫漫画全集)

ブラック・ジャック(21) (手塚治虫漫画全集)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/01/13
  • メディア: コミック


人生は重いけれど同時にコミカルだ。
悲劇は当事者以外にとっては喜劇かもしれない。
この漫画を読むとき、僕は安全なところに居て、
遠くから生死にあたふたする人たちを眺めている。
でも僕も当事者なのだ。
コミカルな物語は突然、深刻な一面を持ち始める。
明日襲うかもしれない死、いつか必ずやってくるその日。
どこか死を予感しながら、それでも物語を楽しむ。
だって、それしかないから。


手塚治虫/ブラックジャック(20) [マンガ(た行の漫画家)]


ブラック・ジャック(20) (手塚治虫漫画全集)

ブラック・ジャック(20) (手塚治虫漫画全集)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/05/10
  • メディア: コミック


三谷幸喜の座右の銘は、完璧な人間はいないだそうで、
またまたエクスキューズを!と思ったけれど、
はて待てよ、それって他人に向かうと寛容の精神につながる。
確かに三谷作品では皆善い人であり、同時に皆欠点を持っている。
ブラックジャックもそう。
この巻だけでも様々な側面を見せる。
同志的な想い、現実主義者、愛深い一面、
友への信義、医療技術追及への執念。
そのどれもが彼自身だ。


前の3件 | - マンガ(た行の漫画家) ブログトップ